コラム | トリプルエース株式会社 詳細

採用支援ってどんな業務をサポートしてくれる?

コラム

採用支援ってどんな業務をサポートしてくれる?

「採用活動しているのになかなか採用できない…」とお悩みはございませんか?

もしかしたら、採用の方法や掲載する求人媒体を間違えているかもしれません。

 

安易に決めてしまうと、採用どころか応募すらまったく来ない、という事態も起こりかねません。

採用と一言で言っても、貴社のニーズによってベストな方法は違ってきますが、「実際どのように進めたらいいか分からない」という採用担当の方は非常に多いと思います。

その為、ここでは実際採用支援を行っている企業にはどのような採用活動を支援してもらえるのかをご紹介します!

 

まず代表的な採用支援してもらえるの採用手法7つは以下の通りです。

何が適しているかは予算や採用ターゲットなどによって異なります。

 

1.大学や専門学校からの紹介

2.求人媒体

3.人材紹介

4.人材派遣

5.自社採用サイト、採用ホームページ

6.SNS

7.転職イベント・合同説明会

 

7つの採用手法を「コスト」×「スペック」×「採用数」の3つの視点から選択することになります。

それでは、つぎにそれぞれの採用手法について詳しく説明します。

 

1.大学や専門学校

学校の掲示板や学内システムに求人情報を掲載する方法です。

学校の就職担当部署に求人票を提出する必要があります。

主に、申込書(求人票)をFAXか郵送、もしくは大学の求人受付サイト上で申込の2パターンになります。

学校によっては、企業側で用意した求人票フォーマットでも受け付けてくれる場合があります。

 

2.求人媒体

求人媒体は大きく分けて2種類あります。

「Web媒体」、「紙媒体」と言われるものです。

Web媒体は、インターネット求人サイト(マイナビ転職、doda、タウンワークネットやマイナビバイトなど)に求人情報を掲載する方法です。

紙媒体は、最近活用される方は少なくなってきておりますが、新聞・情報誌・フリーペーパーなどに求人情報を掲載する方法です。

 

どちらも、利用者の数や年齢・性別層などの媒体特徴をもとにセグメントをある程度絞り込むことができる特徴があります。

また、Webと紙では活用方法が異なりますのでそれぞれご紹介します。

 

Web媒体の活用方法

代表的なところで言うと、マイナビ・リクナビ・dodaなどは一度は耳にしたことがあると思います。

求職者は仕事探しをする際、「賃金」「勤務時間」「職場の雰囲気」を重要視しています。

賃金・勤務時間は最低限どの求人方法でも掲載しますが、Web媒体であればボリュームある掲載が可能なため、職場の雰囲気や先輩社員からのメッセージなど、より魅力的な情報を掲載することができます。

そういった情報を掲載できるということは、求職者が実際に働くイメージを持ちやすくなる役割がありますが、そういった原稿を作成するのが採用支援を行っている会社です。

 

紙媒体の活用方法

紙媒体とは、新聞の求人広告欄や折込チラシ、求人情報誌などです。

かつては有料で販売されていたものが多かったですが、現在ではフリーペーパーが多くなっています。

Web媒体が主流ではありますが、採用ニーズによっては紙媒体も効果的です。

無料の求人情報誌が駅やコンビニのラックなどで目にする機会は多いと思います。

尚、求人情報誌は全国版や、いくつかの地域に区切ったエリア版があり、地域密着型の採用を得意とします。

 

3.人材紹介

人材紹介会社に「こういう人が欲しい」と伝え、登録者の中から条件に合う人材を紹介してもらう方法です。

キャリアコンサルタントと呼ばれる人材紹介会社の担当者に、求める人物像・スキルなどを伝えた後、それに合致する人材を紹介してもらうことができ、候補者との連絡なども仲介して行ってくれます。

そのため、採用活動における応募・面接・選考にかかる手間を軽減できます。

 

4.人材派遣

人材派遣会社が雇用する派遣スタッフを自社で勤務してもらう方法です。

一般派遣において年齢や性別の指定や、派遣スタッフとの事前面接や履歴書の確認などは認められていません。但し、紹介予定派遣の場合は認められています。

※一般派遣…一定期間だけ就業する非常用雇用。登録型派遣とも言われ、最も一般的。

※紹介予定派遣…将来的には社員としての雇用を予定して、最長6ヶ月間派遣スタッフとして雇用。

 

5.自社採用サイト、採用ホームページ

これまでは有料媒体を活用する企業が多かったですが、今の流れでは、自社の採用サイト・採用ホームページを制作する企業が増えています。

その背景には、スマートフォンの普及などによって、手軽に様々な情報を入手できるようになったことが挙げられます。

参考までに最近の調査では、約9割の方が『仕事探しの際、興味を持った企業ホームページや採用サイトを閲覧してから、応募、入社を決めている。』と回答しています。

つまり、求人サイト等で興味をもっても、すぐに応募を決めるのではなく、

企業サイトや採用サイトを見て、どのような企業なのかを調べてから応募の判断をしているという事です。

ということは、せっかく求人情報に興味を持ってもらっても、企業サイトが古かったり、採用サイトがないという理由で応募をあきらめる方もいるということです。

 

トリプルエース株式会社では、求人広告代理店として培ったノウハウを生かした企業ホームページや採用サイト制作を行っています。

 

6.SNSを活用

いわゆる「ソーシャルリクルーティング」と言われるもので、企業がTwitter やFacebookなどのSNSを利用して採用活動を行うことです。

企業と求職者の双方がSNS上で自らの情報を公開しながらコミュニケーションを取り、お互いの理解を深めることができます。

さらにSNSは求職者に対するブランディングにも活用可能です。日々投稿される内容やコミュニケーション、他者の反応(例:いいね!の数)を求職者は見ており、その情報が企業の印象を作ります。

 

SNSはブランディング活用の他、内定辞退を減らす効果や採用のミスマッチを減らすことにも活用できます。内定者とSNSで繋がっておくことで入社前でも、わからないことや不安なことが直接相談できることもできます。また、選考過程で求職者の本当の姿を知りたいという企業は、SNSでその人の興味関心・性格・考え方などをある程度知ることもできます。

 

7.転職イベント・合同説明会

転職イベントや合同説明会は、求職者と実際に触れ合うことができる数少ない採用方法の一つです。

例えば、転職イベントに訪れた求職者は自分が気になる企業ブースに座り、説明を聞くことが基本です。そのため、ブース前を通りかかった人に声をかけ、着席させられれば、自社に関心のなかった求職者も振り向かせられる可能性が出てきます。

また、転職イベントや合同説明会はすべての企業が、求職者の目に触れられるので、スタートアップ企業などにはおすすめです。

 

まとめ

上記のような多様な採用手法を効果的に、適正に利用するために採用支援企業は存在しています。自社でどうすべきかお困りの場合には、弊社トリプルエース株式会社でも結構ですのでご相談頂ければ、しっかりサポートさせて頂きます。

採用代行サービスを使って人材の確保へ!~企業も労働者も働きやすい環境を目指すために~

コラム

採用代行サービスを使って人材の確保へ!~企業も労働者も働きやすい環境を目指すために~

その昔日本では、ほとんどが正社員になることを前提とした「終身雇用」という雇用の仕方でした。

正社員になると、基本的には一つの会社で定年まで働き続けることが前提で、正社員としての地位は法的に保障されています。

だから企業が簡単に解雇することもないし、給料や手当が充実していることから生活面での安定もあります。

簡単に辞めさせられることはないから、働く人も安心。

定年までしっかり業務を全うしてくれるから、企業側も安心。

なので、正社員という雇用形態は、働く人にとっても企業にとっても非常に安定したものであるといえます。

しかし現在では、そういった昔の価値観から変化があり、また女性の社会進出も進んでいます。

企業の経営環境もめまぐるしく変化しているため、採用した人材を全員正社員にするということがデメリットになってしまうという一面も見えてきました。

・世の中の変化に沿った雇用形態「派遣社員」

女性は、昔の様に結婚や出産をきっかけに退職する必要はなくなったものの、復職までには時間がかかります。

また、今は「仕事のために生きている」という働き方ではなく「仕事後のプライベートな時間も大切にすべき」という考え方が主流になってきています。

正社員の場合、地位は法的に地位が保障されていますが、その代わり残業や休日に出勤せざるを得ないこともあります。

そのため、契約期間はあるものの、残業はほぼなく給与もそこそこある「派遣」という働き方は魅力的に見えてきます。

また、企業にとっても全員を正社員として採用すると、もし急に経営が悪化しても人員削減やリストラができなくて、結局高騰した人件費を抱えたまま倒産してしまうこともあります。

そのため、企業にとってもそれほど重要でない仕事を派遣社員にやってもらうことは魅力的でしょう。

・人を採用するためにはかなりの労力や時間を使う

今では、採用手段が多様化しています。

タウンワークやバイトルなど求人媒体の利用、社員の人材紹介によるリファラル採用、企業から直接求人者へ働きかけて求める人材を確保するダイレクトリクルーティング…そして人材派遣。

どの媒体を使うのか、どこの会社に頼むのかなどを自分たちが採用したいターゲットに合わせて決めなくてはいけません。

そしていざそれを決めて求人を出し、応募が入れば今度はその対応をし、面接の日程を決めて実際に応募者と話して…

と、人を採用するにあたり考えなくてはならないこと、やらないといけないことが山積みです。

しかしこれだけ時間と労力をかけても、いざ当日になると面接に来ないということもざらにあります。

他にもやることがたくさんあるのに、これではただただ時間の無駄……。

それらを解決する方法としてあるのが、採用代行のサービスを利用することです。

・おすすめの採用代行サービス

採用代行を行なっている会社は、人材確保のプロ。

どんな媒体が合っているのか、どんな採用手段が合っているのかを、数多く持っている情報と経験を元に、優秀な人材確保のため全力を尽くします。

また、応募者の対応、面接日程の調整、管理なども行なうため、企業側は本来やるべき業務に専念することができます。

 

トリプルエース株式会社

https://www.3aaa-s.co.jp/

トリプルエース株式会社の採用コンサルティングは、募集人員を集めることを目指すだけではなく、最終的な目標を一緒に決めさせていただき、そのための『採用戦略』を組み、そしてスピードで実践していく為の支援をしております。

 【トリプルエース株式会社に委託するメリット】

・企業様に寄り添った料金体制

・求人広告作成~面接代行までサポート

・スピード対応

・定着・戦力になられるまでの採用に関するお悩み

など何でもご相談ください。

・まとめ

「人手が欲しい。でも採用に時間や労力がかけられない」という企業と「ライフスタイルに合わせられる働き方ならできる」といった求職者、両方の思いを繋げるための架け橋となるのが採用代行サービスです。

採用活動は煩雑化しており、自社ですべてを行うことが難しくなっています。

そのため今日では、こういった採用のプロに業務を委託する企業も増えているので、ぜひうまく活用してみてはいかがでしょうか。

 

採用代行の業務委託するメリット・デメリットとは?

コラム

採用代行の業務委託するメリット・デメリットとは?

一緒に働く仲間を見つけるため、社内で面接を行い人材を採用するのが一般的です。しかし、日々の業務に追われ人材獲得に向けて動けないとお悩みの企業様の方が多いかと思われます。また、「募集広告を出しているが中々応募が集まらない」「応募はきてるがその後に繋がらない」等採用に関するお悩みは尽きないですよね。

そんな企業様のお悩みを解決するのが、採用のプロフェッショナル【採用代行(RPO)】です。

これまでの実績・経験を活かし一緒に最終的な目標を決めさせていただき、そのための『採用戦略』を組みスピード対応で実践するための支援を行っております。

数ある採用代行企業から、どこに視点を置き選べばいいのか分からないと感じられている人に向けた採用代行のメリット・デメリットをご説明させていただきます。

一緒に働く仲間を、あえて外注するメリットとは?

優秀な人材を確保するためには、まず媒体選定が重要になってきます。

詳しい情報を数多く所持しているプロにお任せすることで、より良い効果を見込むことが可能になり、その後の応募の受付対応⇒面接日時の調整と管理(問い合わせも込)も委託することにより本来やるべき業務に専念することができます。

採用業務に圧迫され企業利益を上げられないという事態が防げるのは、代行を使う大きなメリットと言えます。

新たに人を雇うよりコストが安く済む

採用活動は、通常業務と並行して行わなければいけないため急遽事務スタッフを雇用する企業もあります。ですが一時的な人手不足を解消するたび雇用でまかなっていては、人件費が嵩むばかりで無駄になる可能性が高くなります。

それに対して、採用代行は雇用するより比較的安い価格で利用できるところが多いため、業務負担を軽減しながらコスト削減にも繋がります。

専門的な知識を持った採用のプロに委託するからこそ、一から説明せずとも即戦力となってくれると期待できます

採用代行のデメリットとは?

採用代行業者と打合せを行うときに、担当者との認識のズレが出てしまうと提案内容や進むべき道がブレる可能性が高くなります。自社の希望を伝えず任せきりになりますと、求めている人材獲得から遠ざかってしまうので、綿密な打合せを行いましょう。

採用のノウハウが自社に残らない

採用業務を委託することにより、自社にノウハウが残らず、求人募集の度に採用代行業者に依頼することになるかもしれません。

ただ採用活動は時代背景に左右されるので、昨年まで成功していた手法が必ずしも同じ結果をもたらすわけではありません。

そのため、自社で採用活動を行うより、様々な状況に対応できる優秀な人材を抱える代行業者に毎回委託する方が、賢明と言えるでしょう。

内定者との関係性

採用担当者が代行業者の場合、気心の知れた人がいないことで不安に思う内定者が発生するかもしれません。

そのような事態を防ぐため、説明会、面接や内定後のフォローなど、応募者と対面する業務は自社の人材で行う方がいいかもしれません。

内定後に不信感を持たれ、内定を辞退されるようなことがあっては困るため、入社後に同じ社内で働くのですから、関係性をしっかり築くためにも内定後の面談などによるフォローは自社できちんと行った方がいいでしょう。

おすすめの採用代行サービス

トリプルエース株式会社

https://www.3aaa-s.co.jp/inquiry-form/

トリプルエース株式会社の採用コンサルティングは、募集人員を集めることを目指すだけではなく、最終的な目標を一緒に決めさせていただき、そのための『採用戦略』を組み、そしてスピードで実践していく為の支援をしております。

 【トリプルエース株式会社に委託するメリット】

・企業様に寄り添った料金体制

・求人広告作成~面接代行までサポート

・スピード対応

・定着・戦力になられるまでの採用に関するお悩み

など何でもご相談ください。

【まとめ】

採用代行のメリット・デメリットを紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

採用活動は煩雑化しており、自社ですべてを行うことは大変難しいため、効率よくスピーディに業務を行う、採用のプロのいる代行業者に委託している企業が増えています。

サービス内容は代行業者によって様々ですが、顧客と相談してサービス内容を決め、費用を見積もってくれるところが大半です。

採用代行サービスを選ぶ上では、多様な採用代行業者の中で、様々な状況に対応できる優秀な人材を抱えている、ヒアリングを丁寧に行ってくれる、コスト内で委託できる業者を選定することが重要になります。

採用活動の中でも、説明会、面接や、選考など実際に応募者と対峙するコア業務は自社、説明会の会場手配、案内の送付などのノンコア業務は外部へ、といったように委託する業務としない業務をしっかり見極めることが、人材の確保に繋がります。

自社の将来を安心して任せられる優秀な人材を確保するために。、

ノンコア業務は安心して採用代行業者に委託し、自社で行うコア業務に集中する。

有能な代行業者を見つけ、自社の求める優秀な人材を確保しましょう。

そして本業に優秀な人材を集め、成長を促しましょう。

採用代行とは

コラム

■採用代行とは

採用代行とは、採用に関わる業務を別の企業が代わりにおこなうことで、

別名では「RPO(Recruitment Process Outsourcing)」とも言います。

現在採用競争は激化し、採用活動・人材獲得に苦戦する企業も多いと思います。

採用手法も、求人広告や人材紹介会社利用、リファラル採用、自社求人サイトによる採用など多様化しています。また採用担当のミッションは、単なる応募者を増やす「集客」だけでなく、応募者に入社の意思決定をしてもらうまでのフォローを主とした「惹きつけ」も求められており、年々応募者ひとりあたりに割く時間も増えてきています。

このような要因から、「気づいたらかなり多くの業務を抱えてしまい、本来やるべきことができない」という採用担当の方も多いのではないでしょうか。しかし、多くの企業では限られた資源の中で採用活動をおこなうことを求められ、部署のメンバーを増員することが難しいのが実情です。

こうした問題を改善するために、採用業務の一部または全業務を専門の業者にお願いし、工数を削減することによりコア業務に専念したり、または、プランニングはプロに任せたりする企業も増えてきています。

また、採用代行サービス活用により、採用の最先端ノウハウを社内に蓄積し、スキル向上を図ることもできます。ただし、全ての業務を外注してしまうことは、逆にノウハウを蓄積することが困難なため、それぞれの企業に適した活用を考えていくことが重要です。

■採用代行が利用できる業務とは

採用における重要な業務は「集客」「見極め」「惹きつけ」の3種類といわれています。

ここでは、その企業の人にしかできない業務をコア業務、違う人でもできる業務をノンコア業務と定義して整理しています。

【1】ノンコア業務代行

いわゆる間接的な業務を代行してくれるサービスです。

・媒体選定や原稿作成・運用

・紹介会社選定

・エントリー対応、合否連絡、呼び込みなどの電話やメール連絡

・説明会や面接の日程調整

・リマインド連絡

 

【2】コア業務支援

自社内にノウハウや知識がない場合に支援・代行するサービスです。これらの代行サービスはいわゆるコンサルティングに近いかもしれません。

・募集計画の立案や説明会などの企画立案

・採用に必要な制作物の作成(広告・HP・チラシ・会社案内)

・選考担当のトレーニング

 

【3】コア業務代行

会社や社風の魅力を伝えるコア業務は、できる限り自社採用担当が携わるべきですが、体制が整っていなかったり、ノウハウが足りない、など問題をかかえている場合もありますよね。こうした場合は戦略立案から実行に至るまでを代行するサービスもあります。

・説明会、インターンシップの運営

・書類や面接での選考

・合否決定

・内定者フォロー

・新人研修

尚、採用のほとんどの業務を外部へ依頼することが可能ですが、代行業務の範囲については依頼する会社によって異なります。

■まとめ

採用を成功させるためには、場合によってはプロセスを見直し、業務を効率化・または改善する必要があります。

自社で対応するべき業務、もしくは効率化をはかるべき業務を整理して、代行会社に任せられる部分は思い切ってプロにお願いすることも、飛躍的な採用改善の一手となるかもしれません。

基本的な考えとしては、自社ではコア業務に専念し、より多くの応募者と接触し見極め、自社に対するアピールをおこなうことが今後の採用活動にあたって重要です。

ぜひ、採用代行をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

 

上記内容にて、ご不明な点やご相談などございましたら下記まで何なりとお問い合わせください。

トリプルエース株式会社 お問い合わせ先

https://www.3aaa-s.co.jp/inquiry-form/

トリプルエース株式会社の採用コンサルティングは、募集人員を集めることを目指すだけではなく、最終的な目標を一緒に決めさせていただき、そのための『採用戦略』を組み、そしてスピードで実践していく為の支援をしております。

 【トリプルエース株式会社に委託するメリット】

・企業様に寄り添った料金体制

・求人広告作成~面接代行までサポート

・スピード対応

・定着・戦力になられるまでの採用に関するお悩み

など何でもご相談ください。