採用代行とは | トリプルエース株式会社 詳細

採用代行とは

コラム

■採用代行とは

採用代行とは、採用に関わる業務を別の企業が代わりにおこなうことで、

別名では「RPO(Recruitment Process Outsourcing)」とも言います。

現在採用競争は激化し、採用活動・人材獲得に苦戦する企業も多いと思います。

採用手法も、求人広告や人材紹介会社利用、リファラル採用、自社求人サイトによる採用など多様化しています。また採用担当のミッションは、単なる応募者を増やす「集客」だけでなく、応募者に入社の意思決定をしてもらうまでのフォローを主とした「惹きつけ」も求められており、年々応募者ひとりあたりに割く時間も増えてきています。

このような要因から、「気づいたらかなり多くの業務を抱えてしまい、本来やるべきことができない」という採用担当の方も多いのではないでしょうか。しかし、多くの企業では限られた資源の中で採用活動をおこなうことを求められ、部署のメンバーを増員することが難しいのが実情です。

こうした問題を改善するために、採用業務の一部または全業務を専門の業者にお願いし、工数を削減することによりコア業務に専念したり、または、プランニングはプロに任せたりする企業も増えてきています。

また、採用代行サービス活用により、採用の最先端ノウハウを社内に蓄積し、スキル向上を図ることもできます。ただし、全ての業務を外注してしまうことは、逆にノウハウを蓄積することが困難なため、それぞれの企業に適した活用を考えていくことが重要です。

■採用代行が利用できる業務とは

採用における重要な業務は「集客」「見極め」「惹きつけ」の3種類といわれています。

ここでは、その企業の人にしかできない業務をコア業務、違う人でもできる業務をノンコア業務と定義して整理しています。

【1】ノンコア業務代行

いわゆる間接的な業務を代行してくれるサービスです。

・媒体選定や原稿作成・運用

・紹介会社選定

・エントリー対応、合否連絡、呼び込みなどの電話やメール連絡

・説明会や面接の日程調整

・リマインド連絡

 

【2】コア業務支援

自社内にノウハウや知識がない場合に支援・代行するサービスです。これらの代行サービスはいわゆるコンサルティングに近いかもしれません。

・募集計画の立案や説明会などの企画立案

・採用に必要な制作物の作成(広告・HP・チラシ・会社案内)

・選考担当のトレーニング

 

【3】コア業務代行

会社や社風の魅力を伝えるコア業務は、できる限り自社採用担当が携わるべきですが、体制が整っていなかったり、ノウハウが足りない、など問題をかかえている場合もありますよね。こうした場合は戦略立案から実行に至るまでを代行するサービスもあります。

・説明会、インターンシップの運営

・書類や面接での選考

・合否決定

・内定者フォロー

・新人研修

尚、採用のほとんどの業務を外部へ依頼することが可能ですが、代行業務の範囲については依頼する会社によって異なります。

■まとめ

採用を成功させるためには、場合によってはプロセスを見直し、業務を効率化・または改善する必要があります。

自社で対応するべき業務、もしくは効率化をはかるべき業務を整理して、代行会社に任せられる部分は思い切ってプロにお願いすることも、飛躍的な採用改善の一手となるかもしれません。

基本的な考えとしては、自社ではコア業務に専念し、より多くの応募者と接触し見極め、自社に対するアピールをおこなうことが今後の採用活動にあたって重要です。

ぜひ、採用代行をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

 

上記内容にて、ご不明な点やご相談などございましたら下記まで何なりとお問い合わせください。

トリプルエース株式会社 お問い合わせ先

https://www.3aaa-s.co.jp/inquiry-form/

トリプルエース株式会社の採用コンサルティングは、募集人員を集めることを目指すだけではなく、最終的な目標を一緒に決めさせていただき、そのための『採用戦略』を組み、そしてスピードで実践していく為の支援をしております。

 【トリプルエース株式会社に委託するメリット】

・企業様に寄り添った料金体制

・求人広告作成~面接代行までサポート

・スピード対応

・定着・戦力になられるまでの採用に関するお悩み

など何でもご相談ください。