採用代行の業務委託するメリット・デメリットとは? | トリプルエース株式会社 詳細

採用代行の業務委託するメリット・デメリットとは?

コラム

採用代行の業務委託するメリット・デメリットとは?

一緒に働く仲間を見つけるため、社内で面接を行い人材を採用するのが一般的です。しかし、日々の業務に追われ人材獲得に向けて動けないとお悩みの企業様の方が多いかと思われます。また、「募集広告を出しているが中々応募が集まらない」「応募はきてるがその後に繋がらない」等採用に関するお悩みは尽きないですよね。

そんな企業様のお悩みを解決するのが、採用のプロフェッショナル【採用代行(RPO)】です。

これまでの実績・経験を活かし一緒に最終的な目標を決めさせていただき、そのための『採用戦略』を組みスピード対応で実践するための支援を行っております。

数ある採用代行企業から、どこに視点を置き選べばいいのか分からないと感じられている人に向けた採用代行のメリット・デメリットをご説明させていただきます。

一緒に働く仲間を、あえて外注するメリットとは?

優秀な人材を確保するためには、まず媒体選定が重要になってきます。

詳しい情報を数多く所持しているプロにお任せすることで、より良い効果を見込むことが可能になり、その後の応募の受付対応⇒面接日時の調整と管理(問い合わせも込)も委託することにより本来やるべき業務に専念することができます。

採用業務に圧迫され企業利益を上げられないという事態が防げるのは、代行を使う大きなメリットと言えます。

新たに人を雇うよりコストが安く済む

採用活動は、通常業務と並行して行わなければいけないため急遽事務スタッフを雇用する企業もあります。ですが一時的な人手不足を解消するたび雇用でまかなっていては、人件費が嵩むばかりで無駄になる可能性が高くなります。

それに対して、採用代行は雇用するより比較的安い価格で利用できるところが多いため、業務負担を軽減しながらコスト削減にも繋がります。

専門的な知識を持った採用のプロに委託するからこそ、一から説明せずとも即戦力となってくれると期待できます

採用代行のデメリットとは?

採用代行業者と打合せを行うときに、担当者との認識のズレが出てしまうと提案内容や進むべき道がブレる可能性が高くなります。自社の希望を伝えず任せきりになりますと、求めている人材獲得から遠ざかってしまうので、綿密な打合せを行いましょう。

採用のノウハウが自社に残らない

採用業務を委託することにより、自社にノウハウが残らず、求人募集の度に採用代行業者に依頼することになるかもしれません。

ただ採用活動は時代背景に左右されるので、昨年まで成功していた手法が必ずしも同じ結果をもたらすわけではありません。

そのため、自社で採用活動を行うより、様々な状況に対応できる優秀な人材を抱える代行業者に毎回委託する方が、賢明と言えるでしょう。

内定者との関係性

採用担当者が代行業者の場合、気心の知れた人がいないことで不安に思う内定者が発生するかもしれません。

そのような事態を防ぐため、説明会、面接や内定後のフォローなど、応募者と対面する業務は自社の人材で行う方がいいかもしれません。

内定後に不信感を持たれ、内定を辞退されるようなことがあっては困るため、入社後に同じ社内で働くのですから、関係性をしっかり築くためにも内定後の面談などによるフォローは自社できちんと行った方がいいでしょう。

おすすめの採用代行サービス

トリプルエース株式会社

https://www.3aaa-s.co.jp/inquiry-form/

トリプルエース株式会社の採用コンサルティングは、募集人員を集めることを目指すだけではなく、最終的な目標を一緒に決めさせていただき、そのための『採用戦略』を組み、そしてスピードで実践していく為の支援をしております。

 【トリプルエース株式会社に委託するメリット】

・企業様に寄り添った料金体制

・求人広告作成~面接代行までサポート

・スピード対応

・定着・戦力になられるまでの採用に関するお悩み

など何でもご相談ください。

【まとめ】

採用代行のメリット・デメリットを紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

採用活動は煩雑化しており、自社ですべてを行うことは大変難しいため、効率よくスピーディに業務を行う、採用のプロのいる代行業者に委託している企業が増えています。

サービス内容は代行業者によって様々ですが、顧客と相談してサービス内容を決め、費用を見積もってくれるところが大半です。

採用代行サービスを選ぶ上では、多様な採用代行業者の中で、様々な状況に対応できる優秀な人材を抱えている、ヒアリングを丁寧に行ってくれる、コスト内で委託できる業者を選定することが重要になります。

採用活動の中でも、説明会、面接や、選考など実際に応募者と対峙するコア業務は自社、説明会の会場手配、案内の送付などのノンコア業務は外部へ、といったように委託する業務としない業務をしっかり見極めることが、人材の確保に繋がります。

自社の将来を安心して任せられる優秀な人材を確保するために。、

ノンコア業務は安心して採用代行業者に委託し、自社で行うコア業務に集中する。

有能な代行業者を見つけ、自社の求める優秀な人材を確保しましょう。

そして本業に優秀な人材を集め、成長を促しましょう。